タグ: 改定

グレーゾーン金利に対する過去の判例

資法の上限金利を20%に下げると共に貸金業法の上限金利を利息制限法と同一とし、みなし弁済の廃止、日掛金融の特例金利の廃止、総量規制の導入がありました

裁判所は、撤廃前でも、債務者に有利な方向で
解釈していくのがグレーゾーン金利についての判例でした。
“グレーゾーン金利に対する過去の判例”の詳細は »