タグ: 取引履歴

過払い金返還訴訟の実態を聞いた

過払い金を回収しようとしても債権者がまともに取引履歴の提示に応じてくれなかったり素直に、払いすぎた分を返還してくれないという難点もあります。

判決が確定したとしても
それは原告が『債権者』であり
被告が『債務者』である事を明確にした『公文書』をもって
判決が確定したのにも関わらず
それでも債務者が任意に弁済をしない場合
債権者は
確定判決を基に裁判所に強制執行の申し立てをして
債権回収を図ることになります。
(民法第414条1項 参照)
(民事執行法第22条1号 参照)
“過払い金返還訴訟の実態を聞いた”の詳細は »

過払い金請求の前に、取引履歴を請求してみる

過払い金がいくらかになるか、計算をしてみましょう。会社の情報もあわせてご紹介します。

過払い金が発生してるか、計算するには取引履歴が必要になります。

取引履歴の開示には手数料がかかる場合もあり、開示手数料は業者により金額が違いますので、直接電話するかホームページで確認をし、郵送の場合は、手数料分の切手や郵便小為替などを同封しましょう。こちらも業者により方法が違いますので確認してください。参考までに、2010年1月末現在で、3社の手数料と郵送の場合の支払い方法をまとめておきます。
“過払い金請求の前に、取引履歴を請求してみる”の詳細は »