実際に過払い金を請求したらどれくらいで手元にお金が入ってくるのでしょうか?

過払い金の請求を考えている方の中に、専門家に依頼したら、
その後どれくらいの期間で実際に返還されるのか、を気にされているかもしれません。

正直に言うと、正確な期間はお答えできないと言うことが正解になります。
ただし、過払い金の流れと、それにかかるおおよその期間はお伝えできるので
その合計期間が過払い金を請求してから実際にお手元にお金が戻ってくるまでの期間と言えるでしょう。

まず、過払い金を請求するためには,過払い金の請求をする会社に取引履歴を開示させ、
その取引履歴を利息制限法に基づき計算をやり直します。

この取引履歴が開示されるまでの期間が、約1ヶ月から2ヶ月。
利息制限法に基づく計算に約2週間から1ヶ月くらいかかります。

計算が終わると、実際に過払い金の請求します。
そして、貸金業者と交渉を行い、和解が成立したら、実際に過払い金が返還されます。

請求から貸金業者との和解に1ヶ月から2ヶ月
さらに、和解から実際に支払まで2ヶ月から9ヶ月程度かかります。

«
 

トラックバックURL