再生手続きと債務整理の特徴を感じる

個人再生は、住宅などの財産を手放すことなく、
借金を大幅に減らすことができます。

個人再生の制度ができるまで、借金で苦しんでいる人が
生活を立て直す手段は、任意整理か自己破産しかなかったのです。任意整理ではとても返済しきれない額の借金を負った人は、
自己破産によって借金を全て帳消しにする代わりに、
マイホームなどの財産も手放すことを余儀なくされました。

しかし、個人再生の制度が出来たことにより、任意整理では
返済が困難なほど多額の借金を負った場合でも、住宅などの
財産を手放すことなく、生活を再建できるようになったのです。

また、お金を貸した側にとっても、破産されることにより
借金を踏み倒されるよりも、個人再生で将来の収入から
少しでもお金を回収した方が有利であると思えますよね。

個人再生の選択が適している人は次の通りです。

個人再生の利用は、住宅ローンを除いた借金
の総額が5,000万円以内の人が対象となります。

・・・・・自己破産のように全ての借金が帳消しに
なりませんが、住宅などの高価な財産を手放すことなく、
借金を減らすことが出来ます。

借金の多い人等は利用できません!

そして、個人再生の制度を利用することで、借金の総額を
最低100万円、あるいは概ね2割にまで圧縮し、これを3年
ないし5年以内に返済できれば残りの借金の返済を免除して
貰うことができます。

自己破産は、お金を借りた人が所有している財産
(生活に必要なものを除く)の全てを処分して
債権者への配当に充てますが、 個人再生では家や
車などの財産を処分しない代わりに、
将来の収入を債権者に配当します。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む