過払い金とサラ金との和解

業者が和解を申し入れてきたら、あなたはどう対応しますか?

まず内容をみる前に前提は相手ができるだけ
お金を払いたくないからだ、ということを頭に
入れておきましょう。

和解とは裁判もしないで、相手(消費者金融)が提示する
金額に応じることです。
一見もめることないようにお金を手にして
ほっとする気分も解りますが、実はあなたが払った額の
ほんのわずかな部分を返すだけ(しかも返すまでは
行かない金額の時もある)なので実は全く
得をしていないことも多いものです。

自分が消費者金融(サラ金)に余計に払って
いたお金を返してもらうだけですから、
何を得をしたわけでもありません。

本当に納得していいのでしょうか?
決して向こうのペースに巻き込まれてはいけないのです。

「本当に相手(消費者金融)が提示している金額でいいのか」と
良く考えてみる必要があります。
どれくらいで妥協する金額があるのかということも
自分の中で覚えておくべきでしょう。

中には「お互いゼロで」というような提示をしてくるサラ金もあります。
引直計算をして払いすぎた額があるということは、借金がなく
払いすぎていることを意味しています。

ゼロということは「借金もないし、払いすぎもない」という意味です
から、あなたにとってはゼロ和解をする必要はないわけです。

つまり払いすぎた額の請求を放棄しろ、ということですから
請求している立場からすれば「サラ金ばかりが得をするのじゃないか」
ということになります。勿論応じてはなりません。

過払い金の返還交渉は、裁判前であれば過払い金に利息をつけて
金額の返還を請求できるのですが、勿論消費者金融は
すんなりと支払ってくれることはありませんから、
裁判は費用も時間もかかるのでそれをいいことに、

「裁判は面倒だし、お金も時間もかかるんだからこちらの
譲歩に従った方が利口というものですよ。」
というようなうまい言い方をしてくる場合が多いものです。

自分が「損をしない妥協できる金額」出ない限り受け入れないことです。
専門家を通さないで自分だけで消費者金融と交渉しようとしても
なかなか交渉に応じないものです。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む