実際に過払い金を請求したらどれくらいで手元にお金が入ってくるのでしょうか?

過払い金を請求しても直ぐに手元にお金が入ってくるわけではなく、期間がかかります。

過払い金の請求を考えている方の中に、専門家に依頼したら、
その後どれくらいの期間で実際に返還されるのか、を気にされているかもしれません。
“実際に過払い金を請求したらどれくらいで手元にお金が入ってくるのでしょうか?”の詳細は »

和解成立後に貸金業者が破綻したら?

過払金の返還について、和解が成立していても、実際の返還までは安心できないのです。貸金業者等が破綻をする可能性もあるためです。

過払金を請求し、貸金業者との間で和解成立や勝訴判決を得た後に、相手方である貸金業者等が破綻した場合、この和解等の効力はどうなってしまうのでしょう?約束した以上は、破綻しても払ってもらえるのでしょうか?

“和解成立後に貸金業者が破綻したら?”の詳細は »

過払金(払いすぎたお金)はなぜ発生するのか?

過払金が発生する理由は、利息制限法と出資法という2つの法律があり、それぞれ異なる上限利率を定めているから。

過去に消費者金融からお金を借りた事のある人なら一度は「過払金」と言う言葉を、耳にした事があるのではないでしょうか?

「過払金」とは、自分のこれまでの借金が借金じゃなくなり、逆にお金が返ってくる事を言いますが、なぜ「過払金」なんてものが発生するのでしょうか?それは、日本には利息を規制する法律が2つあるからなんです。つまり、(1)利息制限法と(2)出資法という2つの法律があり、それぞれ異なる上限利率を定めているからなんです。ここが一番の問題点でした。


“過払金(払いすぎたお金)はなぜ発生するのか?”の詳細は »

グレーゾーン金利に対する過去の判例

資法の上限金利を20%に下げると共に貸金業法の上限金利を利息制限法と同一とし、みなし弁済の廃止、日掛金融の特例金利の廃止、総量規制の導入がありました

裁判所は、撤廃前でも、債務者に有利な方向で
解釈していくのがグレーゾーン金利についての判例でした。
“グレーゾーン金利に対する過去の判例”の詳細は »

債務整理と免責の関係を見てみよう

も免責不許可事由のいずれかがあった場合、裁判所は裁量によって相当と認めるときは、免責許可決定をくださないことがあります。

免責は、破産者の債務の支払義務を免除する制度です。
その目的は、破産者の経済的な更正を図ることです。
“債務整理と免責の関係を見てみよう”の詳細は »

再生手続きと債務整理の特徴を感じる

個人再生の制度が出来たことにより、任意整理では返済が困難なほど多額の借金を負った場合でも、住宅などの 財産を手放すことなく、生活を再建できるようになりました。

個人再生は、住宅などの財産を手放すことなく、
借金を大幅に減らすことができます。
“再生手続きと債務整理の特徴を感じる”の詳細は »

過払い金とサラ金との和解

過払い金の返還交渉は、裁判前であれば過払い金に利息をつけて金額の返還を請求できるのですが、勿論消費者金融はすんなりと支払ってくれることはありませんよ

業者が和解を申し入れてきたら、あなたはどう対応しますか?

まず内容をみる前に前提は相手ができるだけ
お金を払いたくないからだ、ということを頭に
入れておきましょう。
“過払い金とサラ金との和解”の詳細は »

過払い金返還訴訟の実態を聞いた

過払い金を回収しようとしても債権者がまともに取引履歴の提示に応じてくれなかったり素直に、払いすぎた分を返還してくれないという難点もあります。

判決が確定したとしても
それは原告が『債権者』であり
被告が『債務者』である事を明確にした『公文書』をもって
判決が確定したのにも関わらず
それでも債務者が任意に弁済をしない場合
債権者は
確定判決を基に裁判所に強制執行の申し立てをして
債権回収を図ることになります。
(民法第414条1項 参照)
(民事執行法第22条1号 参照)
“過払い金返還訴訟の実態を聞いた”の詳細は »

貸し金業者と過払い金の返還を交渉する

費者金融などは慣れているところだと、過払い金の返還は個人相手の交渉に応じないこともあります。ただ時間だけが過ぎていくことも予想されます。その場合は裁判を使った方が解決の道は開けてくることになります。

和解や交渉が無理だと感じたときには
すぐに訴訟を起こすことをお勧めします。
“貸し金業者と過払い金の返還を交渉する”の詳細は »

よくわかる過払い金の計算方法

過払い金の計算で借り換えと借り増しや途中返済についての処理について

新しい契約書を作ったとしても、一番初めからの
一貫した契約であり、新たな契約の前後を一つの借入として
扱ってひき直して計算する必要があるということです。
“よくわかる過払い金の計算方法”の詳細は »

« 過去の記事